当園の経営母体

みどり栗林公園保育園の経営母体はみどり合同税理士法人グループです。

こんにちは。

みどり栗林公園保育園の運営母体であります、みどり合同税理士法人の代表の三好貴志男です。

今、高松市でも、銀行、人材派遣会社、一般企業が、保育園の運営を始めています。
わたしたちも「はたらくお母さんを応援する」ために、保育園運営を始めました。

目的は3つあります。
・はたらくお母さん方を応援し、女性の社会進出を支援する
・優秀な女性の採用
・人を大事にする企業でありたい

会計事務所は、女性のパワー、女性の活躍によって支えられることの多い職場です。
女性が安心して子育てと仕事を両立できる環境を提供することは、優秀な人財の確保につながります。
ひいては地域経済の活性化にもつながります。

また、「企業は人によって栄え、人によって滅ぶ」とも言われます。
その意味で、企業は人材育成の場でもあります。
弊社は、「みどりビジネススクール」を開催し、さまざまな経営の勉強会もご提供しています。
そのなかで、より「人を大事にする企業でありたい」との思いから、幼児保育にも関わりたいのです。

安心・安全の保育を提供するために、保育士は全員が保育士資格を持ち、他にも調理師、栄養士、看護師の有資格者がそろっています。
そのうえで、子どもたちが遊びながらのびのびと育つために、栗林公園が園庭、敷地内に人工芝の遊び場を設置し、すなあそびも、みずあそびもできる環境も整えました。
はたらくお母さん方が、車通勤途中で、 手軽にお子さまを預けられるように、中央通り沿いの、雨にも濡れないピロティのある保育園を開設しました。
一時預かり保育や、お預かり中の体調不良に看護師が対応し、病後児保育も開始しました。専任の看護師と専任の保育士が対応してはたらくお母さんを応援します。

保育園をきっかけに、硬い仕事のように見える会計事務所にもお立ち寄り頂き、楽しく働いている女性たちともお話しいただく機会もお持ちください。
英語遊びや、リトミック、フラダンス、といった教室も行っています。
心よりお待ちしています。

みどり合同税理士法人 理事長 三好貴志男